みなさま、こんにちは!

愛される塾講師と個人塾をプロデュースするフルオブライフ
学習指導もできる心理カウンセラー吉田裕美です。

 

保護猫カフェに行ってみた!

からの命の話し。

 

私こういうところに行くの

ちょっと怖いんです。

 

保護猫とか言って、

本当は金儲け丸出しの

怖いところだったらどうしよう~

とか思うからです。

 

でも、先日、情熱大陸で

梅田達也さんの保護猫カフェを見て、

百聞は一見に如かず、

広島の保護猫カフェに行ってみようと

決意したわけです。

 

お邪魔したのは

広島本通りの

保護猫カフェ猫奉行さん。

 

実は私、

犬は大得意なのですが、

昔、鳥を飼っていたため、

猫ちゃんと触れ合ったことが

ほとんどなかったのです。

 

おっかなびっくりで、

カフェに入り、

店員さんにそのことを話すと、

猫ちゃん1匹1匹の性格を

丁寧に教えてくれました。

「この子は、あまり触られるのは好きじゃないんですよ~。」

「この子は、触られるのが大好きです。」

「この子は、やんちゃで猫パンチに注意です。」

「この子は、おもちゃが好きです。」

「この子は、片目が弱いんです。」

全ての猫ちゃんの特徴を

愛おしそうに教えてくれました。

 


 

私は、猫ちゃんとおもちゃで遊びました~。

かわいいな~。


 

「この子たちはみんな譲渡対象なのですか?」

「看板猫の1匹を除いて、みんな里親募集中なんです。」

 

「どこから来たんですか?」

「この子たちのほとんどは、山口県から来たんです。」

 

「は~。うちの保護犬も山口からなんですよ。」

「山口は殺処分に猶予がないですもんね…。」

 

その後も、

経営者の思いを読んだり、

譲渡の条件や

譲渡の流れなどを

見ていました。

譲渡には細かく規定があり、

安心しました。

 

また、

店内は清潔で、

猫も伸び伸び過ごしていました。

 


 

「ここの猫ちゃんは、何匹ですか?」

「8匹です。8匹だけと決まっているんです。」

 

「決まっている?」

「はい。8匹までで申請しているので。」

 

そういう法律もあるんだな~。

知らなかった。

 

動物が犠牲になるニュースも多い昨今、

こういう活動をしている人も多いですね。

 

ペットショップの生体販売や、

○○カフェなどの生体展示ビジネス、

そういうことで、

小さな命が弄ばれていることは

とても胸が痛いです。

 

今の日本社会は、

動物に優しくないし意識が低いです。

 

それはまるごと

社会的弱者への態度と同じです。

 

子供、

お年寄り、

ハンディキャップのある人、

そういう人への虐待など

信じられない事件が多くあるのは、

 

命を尊重することが

心の根っこにないからではないでしょうか?

 

この世には

不条理なことも多く、

 

「動物愛護とかいう奴は、ありんこ踏まずに歩けよ~」

「動物愛護を唱える人は、動物実験された薬飲むなよ!」

「動物愛護なんて、言い出したらきりがないから考えるのはよそう。」

 

という人も多くいます。

 

命の課題は、

複雑でゴールが見えない。

 

だから、

投げ出したくなる気持ちもわかるけど、

向き合うことこそが

人類の課題なのではないか・・・

とも思います。

 

今日は、とんでもなく大きな話になりましたが、

そういうことを真剣に考える時間も

たまには必要ではないでしょうか?

 

というわけで、

8/4(日)にイベントを開催いたします。

 

世界一幸せな講演家

古市佳央さんをお迎えして、

トーク&ライブで

命について一緒に考えましょう!

ピンときた方は、

絶対来てください!

損はさせません!

 

↓↓↓こちらをタップ!!!

https://eventon.jp/17345/

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保護猫カフェに行ってみた!からの命の話し。
Tagged on: