みなさま、こんにちは!

愛される塾講師と個人塾をプロデュースするフルオブライフ
学習指導もできる心理カウンセラー吉田裕美です。

 

体は心の容れ物です。
だから食事を大事にしようね!

 

というお話です。

 

私は、学習のお仕事をして、
はや20年ですが、
学習と食べ物って、
やっぱり関係があると感じています。

 

その子供によって、特徴はさまざまですが、
その子供のMAXが出せるか?
ということに関して、
食事は大きな関係があるように思うのです。

 

いつも、添加物にまみれた食事を摂っているお子様。
いつも、独りぼっちで食事をしているお子様。
いつも、お金を渡され、自分で買って食事をしているお子様。

 

やっぱり、パフォーマンス低いです。
疲れやすいし、集中力がないです。
記憶力、思考力が低いです。
キレやすかったり、情緒が不安定です。

 

だからと言って、
私は、完璧な食事を、
と言っているのではありません。

家庭によって事情は様々ですから…。

 

でも、それを言い訳にしていないか?と、
立ち止まって考えてみることも、
時には必要であると思います。

 

「子供の食事には、親の愛情が反映されている。」
と教えてくださった方がいます。

 

子供がまず、
「自分は親に大事にされている」
と感じることができるのは、
食事です。

 

どんなに忙しくても、
子供の体に悪いものは避けてあげよう。
子供に独りぼっちで食事させてはかわいそう。
少しでもいいから、手作りをしてあげたい。

 

そう思ってもらえることで、
子供はこの上ない親の愛情を
感じることができるのではないでしょうか?

 

うちは○○だから…
と、言い訳することは簡単だけど、
そこに愛はあるのかな?

 

私が偉そうに言えることではないのですが、
学習指導において、
ここをすっ飛ばして、
学力を上げてほしいというのは、
やっぱり違う気がするのです。

 

私の周りには、
食の大切さを教えてくれる先生方
たくさんおられます。

私も、その先生方との出会いで、
食について、
浅いながらも考えるようになりました。

 

体は心の容れ物です。
心を大事にしたいなら、
それを守っている体も大事にしないとね!
そのためには、とる食事も大事ですね。

 

私は今、体と心が
おいしいと言うお米を食べています。
↓↓↓こちらのお米はマール米。

※マール米…オフィスフローレ
太田郁恵副社長の親戚の家で造られた無農薬米。
試食会でも使用し、「おいしい」と大人気です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

体は心の容れ物です。 だから食事を大事にしようね!
Tagged on: