みなさま、こんにちは!

愛される塾講師と個人塾をプロデュースするフルオブライフ
学習指導もできる心理カウンセラー吉田裕美です。

 

 

本日は、

「受験の結果をどうとらえるか」について

お話したいと思います。

 

 

この時期、

進路が決まり晴れやかな気持ちの方が多い一方、

そうでない方もいる時期です。

 

 

私は長年、

塾の講師や家庭教師をしてきましたが、

お子様の合否の結果に対して、

保護者の受け止め方は、

本当に様々だと感じています。

 

 

保護者のエゴから始まった受験は、

結果主義であるため、

望まない結果に終わると、

子供以上に保護者が残念がります。

人によっては、

子供の前で露骨にショックを受けます。

人によっては、

怒って学校や塾や家庭教師のせいにします。

 

 

それを目の当たりにした子供たちは、

一体どんな気持ちなのでしょうか?

胸が痛みます。

 

 

本当に注目すべきところは、

結果だけなのでしょうか?

 

 

結果がどうか、

ではなく

結果をどう受け止めるか、

の方が、

大事なのではないでしょうか?

 

 

頑張れた子供については、

結果がどうであれ、

称賛を

 

 

頑張れなかった子供には、

結果がどうであれ、

目標に向かって頑張るということの

意味を振り返ってほしい。

 

 

親子で向き合えた受験なら…

同じ方向を見ていた親子なら…

一緒に挑戦した家族なら…

 

 

合否がどうであれ、

必ずそこに大きな学びがあります。

 

 

私はそう信じています。

 

 

 

そこで皆さんに、

ご覧いただきたいブログがあります。

ナースセラピストの空本恵美さん

お子様の受験体験記です。

 

 

本気になること、

挑戦すること、

家族が一丸となること、

その素晴らしさがこの受験にありました。

子供と向き合うって、

こういうことを言うのだと思います。

 

 

タップ↓↓↓↓↓↓クリック

空本さんのブログ


 

 

受験を終えた保護者様、

本当に子どもと向き合えていましたか?

 

受験を控える保護者様、

本当にエゴではありませんか?

 

 

こんなこと言う家庭教師だめかもしれませんが…

やっぱり私…

 

合格すりゃいいってもんじゃない!

って思っている家庭教師なんです。

子供の心が成長してなんぼ!

って思っている家庭教師なんです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

「受験の結果をどうとらえるか」について
Tagged on: