みなさま、こんにちは!

愛される塾講師と個人塾をプロデュースするフルオブライフ吉田裕美です。

 

本日は、親が子に持つ欲求について書きました。

 

塾講師だったころ、こんなことがありました。

マサル君(仮名)は、中1~2年を部活と遊びに夢中で、勉強せずに過ごしてしまいました。

でも、中3の夏休み前に「ABC高校へ行きたい!」と思い、保護者に相談しました。

初めて、勉強を前向きにすると発言したため保護者は大興奮!

鼻息荒く、入塾面談にやって来たのです。

 

第一印象は、とっても仲のよさそうな親子。

保護者は、言いました。

「マサルから塾に行きたいなんて、嬉しくて嬉しくて!まぁ、今まで全然、勉強してこなかったから、急にやってもそう簡単にはABC高校へはいけないとはわかっているんです。でも、マサルが頑張るっていうのなら、親としては、できることはしてやりたいんです。」

なんて、優しい保護者なのでしょう。

マサル君も、笑顔で「頑張ります!」と宣言。

 

そして夏休みが始まったのです。

マサル君は、8月の下旬の引退試合に向けて、ハードな練習をしていましたが、ABC高校合格目指し勉強の手もゆるめません。

マサル君は、ぐんぐん実力をつけたのです。

 

そして、夏休み明けの模試でかなりいい結果を叩き出したのです!

秋の三者面談の時、

「マサル君、頑張りましたね!これなら、ABC高校も射程圏内に入りますよ!でも、ここからが肝心なんです。周りも頑張りますし、入試は中1範囲からまんべんなく出題されますから、気を緩めずに頑張りましょう!」

と私が言うと、マサル君も嬉しそうに、

「俺、めっちゃ頑張った!きつかったけど、部活も引退したし、ABC高校に行けるようにこれからも頑張るよ!」

と言いました。

しかし、

保護者は…、こういい始めたんです。

「先生ありがとうございます。マサルはよく頑張りました。この子は、結構集中力があるので、こんなに短期間でもすぐに結果を出すことができたんです。今まで、全然勉強しなかったから成績も悪かったけど、ほら、ね?マサル!ちょっと頑張ればできるじゃない!ねぇマサル、私、思うんだけど、ABC高校じゃなくてDEF高校を狙ってもいいんじゃないかと思うんだけどどう?」

 

…え、ちょっと待って!!

 

マサル君、ちょっと頑張ったんじゃないですよ?ものすごく頑張ったんです!

 

マサル君の顔は、みるみる曇ってきました。

「俺、ABC高校に行きたくて、毎日頑張ったんだけど…。」

「でも、あんたちょっと本気出したら、こんなにできるんだから、もったいないよ。」

 

 

塾の講師は、生徒たちの能力を適正に見極め伸ばす役割があります。

ですので、もちろん実力があれば、本人に興味があるかどうか、他の高校の名前を出すこともあります。

あくまでやる気を引き出すためです。

 

でも、生徒がどんな気持ちで、どんなつもりで、受験勉強をしているのもしっかり見極める必要があります。

そして、その生徒の、許容範囲も配慮する必要があります。

 

模試の結果だけで、こちら側が先走ると、かえって傷つけることになりかねません。

 

マサル君の場合は、この時点でかなりいっぱいいっぱいでした。

忙しいのによく頑張るな~と感心していました。

毎日毎日、塾で自習するマサル君を、心から応援していました。

 

最終的に、マサル君はABC高校に進学しました。

 

最後に保護者が言った言葉はこれでした。

「まぁ、これで良かったです。マサルの実力は、結局ABC高校くらいが、ちょうどいいんですよね。」

(*_*;

 

 

…本心ではないかもしれない。

ぶっきらぼうな言い方をしてしまう人なのかもしれない。

親子のことは私にはわからない。

その家のやり方で愛しているなら、いいのかもしれない。

 

でも、入塾時とは大きく違う保護者の言葉に、何だがモヤモヤしました。

合格したのに、少しがっかりしているように感じたのです。

 

 

これに近いことありませんか?

・子供が宿題をやったよ~と言ったら「宿題するのは当たり前でしょ」と言ってしまった。

・10点上がったテストを見て「確かに上がったけど、ん~、平均点はとらないとね。」と言ってしまった。

・頑張って点数を上げた時「ほら~、やったらできるじゃん。いつもやらないから、できないんだよ~。」と言ってしまった。

・子供が数学が好きと言えば「数学者になりなよ!」と言って、子供がサッカー始めたら「サッカー選手目指したら?」と言って、勝手に夢を押し付けたり、先走った発言をしてしまう。

 

 

親子だから言いたいことは自由に言い合うのもいいのですが、

 

親の当たり前と、子供の当たり前と、必ずしも同じではないということ

親のできると、子供のできるは、必ずしも同じではないということ

親のしたいと、子供のしたいは、必ずしも同じではないということ

 

このあたりを深く理解していなければ、

 

親の発言は、コントロールかもしれないということです。

 

 

 

どうか、子供が希望通りにならないからといって、がっかりしないでください。

どうか、希望通りにしてほしいと思うことを、手放してください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^^♪

 

 

親子だって、それぞれ違うよ~

↓これ、親子(笑)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

その発言は、コントロールかもしれない