みなさま、こんにちは!

愛される塾講師と個人塾をプロデュースするフルオブライフ吉田裕美です。

 

 

誰に、どういうやり方で、何を伝えるか。最近それを、よく考えます。


例えば、私は保護犬を飼っています。
私はこの幸せな生活を投稿して、命の大切さを伝えることがあります。


 

 

一方で、動物が虐待される写真や動画を投稿し、命の大切さを訴える方もいます。

 

 

同じ命の大切さを伝えるにも、全く違ったやり方があるんですよね。



私は、優しい人に保護犬との幸せな暮らしを知ってもらうことが目的なので、残虐なことを取り上げません。恐怖や怒りではなく、幸せを伝えることで、変化のきっかけになればいいと考えます(とは言え、目を背けたい事実を取り上げるやり方を、否定しているのではありません。)



マザーテレサは反戦運動の参加を求められた時に断ったそうです。その時に「私は反戦運動には参加しません。でも、平和活動なら喜んで参加しますよ。」と言ったという有名なエピソードがあります。



私も同じく「戦争反対と繰り返し叫ぶのではなく、愛と平和を繰り返し叫びたい」と考えます。

 

 

 

 

いろんな訴え方があると思いますが、 「どうやったら、みんなが笑顔になるか。」「どうやったら、一歩踏み出してくれるか。」と考えた時、私は、殺処分目前だった保護犬と、とっても幸せな暮らしをしていることを、伝えるのがいいと思いました。

 

 

 

 

これを、様々なことに置き換えた時、誰に、どういうやり方で、何を伝えるか。を考えることは、とても大切だと感じます。

 

 

 

お客様、家族、友達、恋人、仕事の仲間、身近な人にも同じように、伝えたいことを最も効果的に、しかも、気持ちよく伝えることができれば、みんな笑顔になりますよね。

 

 

 

 

不安を煽るような言い方になっていないか、

 

怒りによって人の心を動かそうとしていないか、


人が不快になる方法で注目を得ていないか…



 

 

時々立ち止まって考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


誰に、どういうやり方で、何を伝えるか。