img_4025
【よくあるご質問】

 

◆Q.当日に子供が急に家庭教師を休みたいと言い出しました。

◆A.ご連絡ください。必ず伺います。声をかけます。会ってくれるかもしれませんし、ドア越にお話ししてくれるかもしれません。私は約束通りに、必ず会いに行くということが少しづつお子様の心を変えることもあります。

 

◆Q.子供の家庭教師の日なのに、保護者である私の調子が悪くなりました。誰にも会いたくありません。

◆A.そんな日もあります。お会いするのは、お子様だけで構いませんよ。保護者様は別の部屋でお休みください。ご報告は後日にさせていただきます。

 

◆Q.子供と話したことは全部教えてくれますよね?

◆A.いいえ。信頼関係がありますので、報告は学習のことと、お子様が話すことを許可してくださったことに限ります。
どなたかのカウンセリングを行った際も、内容は秘密にします。家族であっても許可なく第三者に漏らすことはありません。ただし、犯罪や、命にかかわる緊急事態がある場合はその限りでありません。

 

◆Q.家族に秘密でカウンセリングを受けたいのですが。

◆A.ご自宅では難しいという場合は、別の場所で行います。
ご相談ください。

 

◆Q.マインドコントロールのようなことはされたくありません。

◆A.そのようなことはしません。その日に、どのような心理カウンセリングをするか説明してから行います。心理カウンセリングも好みでないものがあった場合は、はっきりと拒否していただいて大丈夫です。効果的なカウンセリングはたくさんありますので、ほかのやり方を探します。また、クライアントの方が、期待してくださると効果が大きいです。気に入ったものがあれば教えてください。

 

◆Q.そもそも、カウンセリングってどんなことをするのですか?

◆A.①傾聴型・来談者中心療法・ロジャース派など(クライアントのお話をしっかり聞くカウンセリング。基本的に行動は介入しません。)

②ソリューション・フォーカスト・アプローチやNLPなど(短期間で効果が出やすいですが、信念・観念までの介入はありません。)

③アドラー心理学・倫理情動行動療法など(信念、観念に介入し心の根底からの変化が期待できます。)

 

私は、①を行った上で必要に応じて②をし、③まで行うことが理想です。
また、クライアントのタイプによって療法を変えますし、型通りのカウンセリングを行って終了にはしません。
クライアント自らが、「もう大丈夫!」と感じられるようになるまで行います。逆に、「もうしたくない!」という場合に無理に押し付けることはありません。脅したり、怖がらせたりして依存させるようなことは、絶対にいたしません。

 

【お問合せ・ご予約】

メールフォームからお気軽にお問合せください。

・お電話でのお問合せ⇒TEL:090-5260-6374

※スマートフォンにて電話番号をタップすると電話がかけられます。

※Facebookの申請は一言メッセージを添えてください。